皮膚科の紫外線治療 福岡

福岡 美容皮膚科 ランキング

皮膚科の紫外線治療でできること

アトピー性皮膚炎

紫外線は日焼けの原因になるだけでなく、発がん性があるとされており、できる限り避けたほうが良いと考えられがちです。 しかし紫外線には強力な殺菌作用があり、程度を間違えなければ病気の治療に用いることも可能です。

皮膚科の紫外線治療の対象になるのは、乾癬やアトピー性皮膚炎です。 これらの病気は塗り薬や飲み薬ではなかなか治らないことが多く、そうした場合に紫外線を照射すれば、顕著な改善が見られることもあります。

ほかに尋常性白斑や掌蹠膿疱症、悪性リンパ腫などにも有効とされ、皮膚科では保険の適用も受けられます。 保険外ですが、円形脱毛症の治療にも用いられます。

紫外線治療では特定の波長の紫外線を選んで皮膚に照射します。 主に用いられるのはナローバンド紫外線と呼ばれ、波長が311ナノメートルの光線です。 紫外線が皮膚の免疫反応を抑制することで、アトピーなどの症状を改善するとされています。

痛みはありませんが、当てすぎると日焼けと同じように黒くなったり火傷を起こしたりするので、少しずつ照射量を増やすように微調整します。 全身に照射する場合は防護用のゴーグルを着用します。現在のところ、発がんのリスクはほとんどないと言われています。

美容皮膚科